YouTubeも更新中!

あり合わせから生まれた偶然の産物!プリプリ食感鶏つくね【鶏胸肉/節約レシピ】

プリプリ食感の鶏つくねをご紹介します。

タイトルの通り、今回のレシピはあり合わせから生まれた偶然の産物で、少ない材料でプリプリした食感に出来ることが特徴になっています。鶏胸肉のため「ヘルシー・節約」に加え、「味や食感」も大満足の味ですので、夕飯・おつまみなどにぜひ試してみて下さい。

 

プリプリ食感鶏つくねの作り方

1 材料(2人分)

【つくね】
鶏胸肉 1枚(250g)
長ねぎ 1/2本
溶き卵 1/2個

☆片栗粉 大さじ1
☆塩 小さじ1/4
☆こしょう 適量
☆鶏ガラスープの素 小さじ1/2
ごま油 適量

 

【和風甘酢あん】
◇水 大さじ4
◇めんつゆ(3倍濃縮) 大さじ2
◇酢 大さじ1
片栗粉 小さじ2~(水大さじ1で溶く)

 

※ 長ねぎ・溶き卵を使う量が1/2個のため、2倍量で作るor余った長ねぎと卵でスープなどを作ることをお勧めします!

 

2 作り方

① 長ねぎを小口切りにする。鶏胸肉は粗めのたたきにする。

② ボウルに①・溶き卵・☆を加えて3分ほど、粘りが出るまでよく捏ねる。

③ ごま油を敷いたフライパンに、スプーンなどで成形しながら②を入れる。中火で両面に焼き色を付けたら、蓋をして3分ほど弱火で蒸し焼きにする。

 

④ つくねに火が通ったら器に上げ、空いたフライパンに◇を入れる。弱火にかけて沸騰したら、とろ火にして水溶き片栗粉を入れてよく混ぜ、とろみを付ける。塩(分量外)で調整し、つくねにかけていただく。

 

※ ポイントは下記で詳しくご紹介します!

 

3 YouTubeの料理動画でご紹介

 

4 レシピのポイント

今回は偶然の産物のレシピながら、後から考えると2つのポイントが重要になるレシピです。これらのポイントを押さえることで、プリプリの食感を得られますので、一緒に見ていきましょう!

 

まずはじめに、鶏胸肉を粗めのたたきにします。

粗くたたきにすることで、普通に鶏ひき肉を使うよりも食感が「みっちり」となります。「粗く」であれば負担もあまりかからない上に、ボソボソした食感にならずにプリプリのつくねが出来るため、鶏胸肉を使って作りましょう!

 

※ なお鶏胸肉を使うと、節約にもなります(鶏むねひき肉よりも、鶏胸肉のほうが100gあたりの値段が安いケースが多いです笑)

 

次のポイントとして、これらの具材を3分ほど、粘りが出るまでしっかりと捏ねます。

例として、肉肉しい食感の粗びきハンバーグは「粗くひいた生地をしっかりと捏ねて、粘りを出して」食感を作ります。そのため、今回の鶏つくねも「粗くたたいた生地をしっかりと捏ねて、粘りを出す」状態を作ります。

 

あとはフライパンで焼くだけです!

スプーンを使って成形しながら並べると、手軽に焼くことが出来ます。

 

良い焼き色になりました!

 

仕上げに、甘酢あんを使ったタレをかけて召し上がると、プリプリ食感と相まって口の中が幸せでいっぱいになります笑

 

5 忘備録・私的メモ

★ このレシピを作ったきっかけは、家にあるめぼしい食材が「鶏胸肉とネギ」だけだったことから始まりました。

★ 家にある材料があまりにも少なく、「これで最高のものを・・・作る!」と逆にやる気スイッチが入った結果、このレシピが誕生しました笑

 

★ 正直なところ、今回は「あり合わせから生まれた偶然の産物!」をタイトルにしたかったので材料は少なめですが、もちろん細かく切ったニンジン・刻んだシソなどを入れて豪華にアレンジしても・・・大歓迎です!

 

※ 鶏胸肉特有の「ボソボソ」感がなく、「プリプリ」していたことが感動でした!

 

プリプリ食感鶏つくね まとめ

【point】
① 鶏胸肉を粗く叩く
② 粘りが出るまでしっかり混ぜる

 

今回は、プリプリ食感鶏つくねの作り方をご紹介しました。

(あり合わせのため)メインの食材は鶏胸肉・長ねぎとシンプルな食材ながら、「味・食感・節約・ヘルシー」と、嬉しさ満載のレシピです。ぜひ試してみて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です